アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「社会」のブログ記事

みんなの「社会」ブログ

タイトル 日 時
あまちゃんより半沢直樹のなぜ
あまちゃんの人気は最終回を迎えた今日も衰えるどころか、あまちゃんロス症候群が続出するとさえ言われている。なにがそんなに引き付けたのが、最終回しか見なかった自分には全く分からないまま。そんな自分はむしろ半沢直樹の方にはまった。時代劇風というが劇画風というか、悪役のワルぶりが小気味よくさえ感じられ、主人公の苦悩を引き立てていた。半沢直樹訳の堺正人は非常に表情が豊かで、笑い顔がベースなのによくまああそこまで三白眼にできるなあとか思いながらも、滑舌のよいせりふ回しについ引き込まれてしまう。原作とは違う設... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/29 00:00
あまちゃん人気
会社の先輩がFacebookで毎日のように話題にしていて、なんでだろうと思っていたが、この解説を読んでとてもよくわかった。アイドルがちゃんとアイドル(偶像)として存在していたころは、やはり夢があったということか。そして、その夢、ふたたび・・・。実は、自分はあまちゃんを一度も見たことがないので、おじさんたちのための少女漫画ちっくなものを想像しているのだが・・・。どういう世界が広がっているのか実感がないのだけれど、おじさんたちが青春時代に応援していたアイドルがふたたびアイドルとして出てくるという設定... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/30 00:33
第23回参院選を振り返って
7月21日に行われた第23回参院選は、予想通り、自民党の圧勝、民主党の惨敗に終わった。民主党は1人区の29選挙区で議席を落とし、東京でもすったもんだの挙句に唯一の候補となった鈴木寛が落選するなど、まさに「壊滅的敗北」であった。その姿は、比例区で1議席を確保するのがやっとだった社民党にも重なり、このままでは社民党のようにフェードアウトしていってしまうのではないかとさえ思える。だが、その社民党よりもたちが悪いと思えるのは、公認候補以外の候補に元首相元代表が応援を行ったことで、これでは党紀もなにもあっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/24 02:03
夫は好きだけどイラっとする…ってこと?
世の中は参院選で話題もちきりだが、速報を見るのも一段落して、あれこれネットのニュースを見ていたら、面白い記事があった。マイナビニュースというサイトの読者アンケートの結果である。ひとつは、「妻88%は「夫が好き」と回答 -「一緒にいて楽しい」「顔も好き」「働き者」」というもの、もうひとつは、「妻69%が夫にイラッとしている! -「家事をしない」「ゲーム三昧」「おなら」」というものだ。この結果を合わせると、「夫は空きだけれど、イラッとする」という既婚女性がかなりいるということが推測できる。あるいは、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/21 23:22
スマホの時代
日本でiPhoneが発売されてまだ5年しか経っていないそうだ。まだ5年なのか、もう5年なのかは意見の分かれるところかもしれないが、あえてまだ5年といいたい。つまり、スマホというものが日本市場に登場してからまだ5年しか経っていないということなのだ。この5年の間に、すっかりスマホが主流っぽくなってしまい、従来の折り畳み式の携帯などはガラケーと呼ばれて、なんだか肩身の狭い思いをしていそうな感じである。かく言う私もガラケーを使っているが、NTTドコモの宣伝に乗せられて、ツートップのどちらかに買い替えよう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/18 22:36
日本の女性就業率24位 OECD加盟34カ国で
日本の女性就業率がOECD加盟34カ国で 24位だったという。なんと約6割の女性が第一子出産後に退社しており、再就職は非正規雇用が増えているらしい。確かに、首都圏を中心に待機児童が問題となっている中で、子どもを預けて職場に戻ることはかなり難しいと言わざるを得ない。運よく預け先が見つかったとしても、子どもを預けてまで働くなんて、という罪悪感がどうしてもある。保育所に払う保育料で給料の大半が飛んでしまう、というケースもあり、ますます働く意味が見えなくなる。そうこうしている間に、社会から離れている期間... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/17 23:20
特定大学へ1000億ばらまきに異論噴出に同意
「特定大学へ1000億ばらまきに異論噴出」という記事をみた。激しく同意する。そもそも、国立大学法人に経営能力はあるのだろうか。これまで国立ということで国民の税金で運営してきたために、利益を出す、というマインドセットがない。これは国立大学法人になったいまも変わっていない。文科省から下賜される運営費を、できるだけ使い残さないように使い、余剰金を出さない、というのが国立大学法人の予算執行の原則である。そんなマインドでは、コストカットとか、効率・効果の追求などが起きるはずもない。他方、私学なら理事会があ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/16 22:36
余りにも暑い夏
今年の夏は余りにも暑い。暴力的なまでに暑い。あまりの暑さに、この数年(?)、年に数回しか更新していtなかったブログを再び書こうかと思うに至った。関東甲信は、7月6日ごろに平年より15日早く、昨年よりは19日早く梅雨明けをしたのだが、個人的な感覚では、7月5日(金)が境目だったように感じている。なにしろ、それまでは30度に達していなかった最高気温が、その後はほぼ毎日35度近辺の日々が続いているのだ。そして、毎日のようにゲリラ豪雨か夕立である。気候が変わってしまったのではないかと疑いたくなる。この異... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/15 23:14
7月18日のつぶやき まとめ
Amazonで買い物していた、ということ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/20 17:12
市民感覚と乱世の英雄
市民運動出身の首相はどこへ行こうというのだろう。与党も野党も世論もメディアも、早期退陣を求める声の方が大きいにもかかわらず、首相はメドをつける気配もない。原発対応のまずさによって日本の弱さが世界中に知れ渡り、ただでさえ日本の評価は下がっている。このままでは世界各国からの日本への信頼はますます下がるばかりである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/20 14:10
名もなき救援隊 ブログ
名もなき救援隊のブログをやっと発見! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/04 10:40
名もない救援隊の活動報告(4月4日)
名もない救援隊の活動報告は、いつも友人からメールを転送してもらっているのだが、ブログもあるらしい。 現在、捜索中。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/04 10:08
水道水のベクレル/リットルの基準値比較(ソース付き)
ようやく知りたかった情報に出会えた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/03 02:39
名もない救援隊の報告(3月30日)
救援スタッフも大変なんだとあらためて実感。 気配り目配り心配り。 配ってばかりでは疲れてしまう。 ちゃんと栄養を取って、休息も取って欲しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/01 16:31
名もない救援隊の報告(3月29日)
足りているところと足りていないところがあるらしい。 規模も違うし、いる人たちも違う。 実際に現場に行って、その場の人たちと会話をしないと分からないことばかり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/01 16:23
名もない救援隊の報告(3月28日)
届けるものには届けたい人の思いもこもっている。 モノだけじゃない。コトなんだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/01 16:16
名もない救援隊の報告(3月27日)
東北の人たちは我慢強く、謙虚な人が多いと聞く。 遠慮して欲しいと言えないひともいると聞く。 「テイクフリー:どれでもお好きにどうぞ」 選んでもらえば、自分の好きなものを持っていける。 土地の文化と慣わしを大事にできるボランティアが大切。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/01 16:13
名もない救援隊(3月26日)
物資を公平に配るのは難しい。しかも、公平と平等はひとそれぞれ。 できれば、その場の誰もが納得できる公平さを考え出せるように、役所にもお願いしたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/01 16:09
名もない救援隊の報告(3月25日)
避難所はそれぞれ避難している人も置かれている状況も異なる。 そして、事態は日々刻々と変化していく。 できるだけリアルタイムで情報の共有ができるように、一日も早くDocomoとSoftbank、KDDIの通信網が復活し、必要な電気と機器(充電器、携帯端末など)がいきわたるようになると良い(がんばれ、@masason)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/01 16:06
名もない救援隊の報告(3月24日)
知り合いの知り合いの東北支援活動報告。 小さな組織でも出来ることがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/01 15:58
名もない救援隊の報告(3月23日)
知り合いの知り合いの方が「名もない救援隊」として、東北各地を回って避難所へ物資を届けている。公開しても構わないということでご了解を頂いたので、活動報告を以下に転記する(ただし、個人名はイニシャルに変更) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/01 15:54
昨日のつぶやき
中野の桜もチラ咲き。ポップコーンが弾け始めるときのよう。#nakano ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/31 01:09
ご冥福をお祈りします NEC西垣元社長
何が原因だったのか・・・。社長就任当時、西垣さんと関本さんの確執はすごかったと聞く。 NECの元社長で名誉顧問の西垣浩司さん(72)が2日、東京都練馬区の自宅で首をつって死亡していたことが、警視庁石神井署への取材でわかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/03 22:25
Twitterとブログの違い
「Twitterとブログの違い」でGoogle検索すると、なんと200万件もヒットする。それだけいろんな人がいろいろなことを言ったり書いたり、分析したり評論しているということだろう。その中でも、パッと目について分かりやすかったのは、Twitterはその時感じたことを発信する、ブログは記録・記憶に残したいことを発信する、というような説明だ。Twitterは即興的で即席だが、ブログは計画的で用意周到とでも言えようか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/02/03 10:47
「夫婦同姓の規定は憲法違反」 事実婚夫婦ら国を提訴へ
夫婦別姓の制度化が進まない中、事実婚をしている人たちには気になるニュース。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/07 00:08
国立発コミュニティビジネス
東京都国立市の新年最初の市報に、国立市でコミュニティビジネスに関わっている4人の方々と市長との対談が掲載されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/01/06 15:16
がんばるぞー!
Ozzyのお陰?ですっかりエネルギー充填完了、全速力で行きたいところだったが、既にペースダウン。月2本の論文執筆も無謀な挑戦だったか?10月予定の1本は11月にずれ込み、11月締め切りは2本となった。そこへ、海外のJournalから1月締め切りの論文の募集がかかり、渡りに船?、ということでとにかくピンチをチャンスに変えるべく、がんばるぞー!と、10月最終日を目の前に、気持ちを新たにしているところである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 21:46
日本の競争力:自動車産業も半導体や液晶の二の舞に
東京大学のある先生の話によれば、日本の競争力は低下の一途をたどっており、自動車産業も半導体やパソコン、携帯電話、DVD、液晶などの二の舞になりかねないという。既に、太陽光パネルも競争力を失いつつある。いずれも製品に関係する特許をたくさん取っているにも関わらず、である。その原因は、オープン標準化と国際分業にあるという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/28 00:20
最近読んだ本、これから読む本
最近読んだ本、これから読む本 最近読んだ本: ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/18 10:40
エクスポートした記事をパソコン上で見ることはできない
PCを検索した結果、過去記事のバックアップらしきファイルが見つかった。中身を確認しようとしたが、DATファイルであるため、開けない。再々度、サポートに問い合わせた。中身を見るにはどうしたら良いか、そして、インポートするともともとの記事はどうなってしまうのか、という2点だ。回答は以下の通り。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/07 05:44
削除した覚えはないのだが・・・
削除した覚えはないので、再度問い合わせてみた。内容は、ログインが3ヶ月以上無い場合にブログを削除するというような警告が出ているので、それに関係して記事が無くなったのではないか?というもの。なにしろ削除する方法を知らないのだし、と書いたところ、以下の回答が来た。再び全文掲載する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/06 01:10
ウェブリブログからの回答全文
ウェブリブログから回答が来た。全文を掲載すると以下の通り。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/05 14:34
Amazonポイントってどうなった?
最近、気が付いたのだが、Amazonでポイントがつかなくなっている。以前は何でもかならず少しはポイントがついたように記憶しているのだが、今はポイントがつくものがみつからない(少なくとも自分が買うものの範囲では)。いったいどうなったのだろう?Amazonはポイントがつくことと、プレミアムサービスで翌着ができるために活用しているのだが。どちらで本を購入しても、1500円以上購入すれば配送料は無料になることだし、翌着を我慢すれば、楽天Booksで購入した方が得だ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/05 16:35
いまさらながらの「1Q84」論
ふとしたきっかけで、大塚英志著の『物語論で読む村上春樹と宮崎駿』(角川Oneテーマ21)を読んだ。これまで、ハリウッド映画や最近の宮崎作品、さらには、宮部みゆきのファンタジー系の本を読んで、もやもやと感じていたことが、かなり晴れた気がした。結局みんな同じ構造なのだった。それはキャンベルが『千の顔を持つ英雄』で示した「行って帰る」物語である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/02 14:02
千里の道も一歩から
The longest journey begins with a single step. 継続は力なり。まったくその通りなのだが、気を抜いたら1週間、2週間などあっという間に過ぎていく。なぜか毎日発生する雑用。これが片付いたら、と思っていると、肝心の論文の方には全く手が付けられない。かといって、雑用を放っておくとどんどん溜まって後で自分の首が絞まる事態になるのは目に見えている。スティーヴン・コーヴィーに言われなくとも、プライオリティ、が大事になるというわけだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/21 04:11
オバマ大統領のノーベル平和賞受賞
うーむ。最初にニュース速報で「オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞」とのテロップが出たとき、思わずうなってしまった。いろんな意味で。まず、なぜ?そして、そう来るか?さらに、誰の意図か?と、とにかくクエスチョンマークが飛び回っていた。そして、最後に、オバマさんも大変なことになったなあ、という率直な感想。 実際、新聞記事によれば事前の打診も報告も無かったとあった。オバマ大統領自身も、文字通り「寝耳に水」だったに違いない。その後の会見でも笑顔一つ見せなかったと聞く。確かに、彼はまだ、「Change! ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/11 22:30
出来レース
自民党総裁選は大半の予想通り谷垣氏が選出された。世が世なら総理大臣となるところが、そうならないのが下野した哀しさ。ご本人も9月28日のニュースウォッチ9でそのような主旨のことを言っていた。出馬表明した際に「捨て石となる覚悟で事にあたる。右顧左眄せず、一直線に駆け抜けていく」と言っていたのだから、総理大臣になれないことはもちろんご承知の上だったわけだが、ちょっと未練があるような、あるいは、執着があるような、そんな表情と見た。さらに、民主党も政権政党として学習しているところだが、自分たち自民党も野党... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/29 01:50
八ッ場ダム騒動
民主党がマニュフェストに掲げている八ッ場ダムの建設中止についてのニュースを見るたびに思うことがある。「人間の心理の複雑さである。八ッ場ダムが計画された当時は反対派だった(はずの、あるいは、と思われる)住民が、いまでは建設中止に反対しているのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/27 23:52
シルバーウィークは、どこへ行った?
世の中はシルバーウィークの最終日。Uターンラッシュも夏のお盆並み(以上?)の混雑だときく。それなのに、何の計画もなく連休に突入し、気づいたらもう最終日なのである。なんてこった・・・。連休前の金曜日には「それじゃ、月曜日に振込みします」なんてのんきなメールを送ってしまったくらい、この連休はアウト・オブ・眼中だった・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/23 09:23
サマーダボスって何?
9月18日に六本木ヒルズのアカデミーヒルズで開催されたセミナーに行った。石倉洋子教授と竹中平蔵氏がサマーダボスについて講演をするという内容である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/19 02:15
9.11と9.15に思うこと
9.11の同時多発テロと9.15のリーマン・ショックのニュースを見て思うことがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/16 23:35
景気回復の鍵は内需拡大か、国際競争力強化か
民主党も自民党もその他の党も、マニュフェストで掲げたのは主に日本国内向けのバラマキ策だったと批判されている。新政権には、景気回復への政策が期待されているが、バラマキによる内需拡大、ということになるのだろうか。こうした内向きの政策に対して、国際競争力を低下させるものだという批判があるようだが、どうなのだろう。そもそも、金融危機を引き起こしたアメリカ経済が復活しなければ、アメリカ向けの商売でやってきたところは立ち行かないだろう。アメリカ経済の復活を待つのと、日本国内向けにシフトするのと、あるいは、ア... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/11 00:35
宇宙人顔?の鳩山氏(兄)
「宇宙人」というニックネームがあるという鳩山氏(兄)。先日、三谷幸喜氏がこんなコラムを書いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/09 00:08
改めて問う、KY自民党とは
2007年ごろから言われるようになった「KY=空気読めない」。おかげで、大衆は空気を読むことに敏感にならざるを得なくなった。KYでは、いじめられたり、下手をすると殺されたりするかもしれない、という漠然とした恐怖心があるように思える。安倍さんもKY首相とか言われていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/07 01:19
改めて問う、新自由主義とは
世界的金融危機以降、世界的に「行き過ぎた新自由主義」を反省する傾向にあることは確かで、おそらくそのために、いわゆる「社会起業家」と呼ばれる、利益ではなく、社会的ミッションの実現を優先させる事業を興す人々が注目されているのではない。ロバート・ライシュが言うように、昔の企業人はいわゆるノーブレス・オブリージェ、篤志を持つ人が多くいたが(実際、どこの社是を見てもたいてい「社会貢献します」とある)、新自由主義は株主の方を向いて事業を行えと言うため、経営者は自社の利益のためには従業員も社会貢献も二の次にす... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/05 00:59
改めて問う、小泉改革とは
8月25日(火)朝日新聞夕刊1面「党首が行く」国民新党・綿貫代表 タイトル:「最後の美学」小泉改革を問う より ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/27 00:47
期日前投票
読売新聞ニュースによれば、公示日翌日の19日から23日までの5日間に、期日前投票したのは、全国で305万5634人に達し、前回の2005年衆院選の同一期間(201万4072人)と比べると104万1562人増え、約1・5倍となった、と総務省が発表したそうだ。朝日新聞ニュースでは、都道府県別に見ると、最も伸び率が大きかったのは沖縄県の149%、有権者に占める期日前投票者数の割合が最も高かったのは愛知県(4.11%)と伝えている。産経ニュースによれば、東京都では30万2798人、有権者1066万112... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/25 00:53
更新2ヶ月サボったら、もうすぐ衆院選公示
2ヶ月前はまだ衆院選がいつになるか決まっていなかったのが、来週には公示になる。選挙は8月30日。今回も期日前投票になると思うが、当日の騒ぎはどうなることかいまから興味津々だ。24時間テレビと重なると言う話だし、各局はそれぞれに特番を組んで当確予想をするのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/14 23:00
親ばか蔓延中−2
日本郵政の西川社長の人事をめぐり、鳩山総務相(鳩山弟)が辞任した。自らの信念を貫き、正義をかざして辞任に至ったことで、鳩山弟の株は大いに上がったようだ。だが、辞任後に、麻生総理からの書簡で後継候補者リストがあったとの「暴露」はどういう訳だろうか。よほど頭にきたということの表現だろうか。ちょっと行きすぎのような感もあるが、一方で、麻生氏の評価がますます下がったことだけは確かであろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/17 10:27
親ばか蔓延中
親ばか蔓延中 今朝の天声人語を読むまでもなく、親ばかが蔓延中である。隣国の後継者指名の報道しかり、自民党の世襲制限先送りしかり、京都教育大学の集団準強姦容疑者の停学中の学童保育での指導しかり。あるいは、土浦の8人殺傷事件。被告の父親が「正常になってほしい」と言いながらも「死刑になってしかるべき」と言い遺族や被害者に謝罪しているという。親だからこそ、こどもを優先したい、信じたい、許せないが許したい。ニュースやワイドショーの報道からは、さまざまな親子関係が浮かび上がる。親殺し・子殺しのような事件を除けば、ほとんど... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/05 10:53
初婚の年齢 過去最高を更新−NHKニュースより
今朝のNHKニュースで「初婚の年齢 過去最高を更新」というのがあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/04 11:59
意地の悪そうな麻生氏 VS 理念に燃える鳩山氏
昨日、党首討論があった。3時から行われた中継は見られなかったので、ニュースや新聞からしか判断できないが、余り中身の無いモノに終わったようだ。自粛するようにと言われたヤジもひどかったようで、立つ方も見守る方も、力量不足、度量不足を露呈した形になったようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/28 11:45
閑話休題:近所のネコ
このところ、暑い日が続いている。近所のネコたちも暑そうだ。だからと言って、こんなところで寝たら、余計暑いんじゃないだろうか。ここは西向きの駐車場。見ての通り、コンクリート。肉球をかべに押し当てているところをみると、かべは冷たいのかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/23 03:55
新型インフル、備えあれば憂いなし?
新型インフルエンザが世界的に広がり始めてまもなく1ヶ月になろうとしている。22日のニュースによれば、午前11時現在、世界の感染者数は45カ国・地域で約1万1300人、死者は4カ国で計90人になったそうだ。糖尿病などの持病や妊婦など抵抗力が弱まっていると重篤になる場合があると言われている。また、アメリカでは、60歳以上の感染例が殆ど報告されていないため、なんらかの免疫を持っていると推測されている。こうした情報が飛び交う中、いよいよ東京でも発症例が報告された。海外で発症した事例に続き、神戸・大阪で感... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/22 12:15
民主党代表選と新型インフルの流行
下馬評通り、民主党の代表は鳩山氏に決まり、岡田氏は幹事長に、小沢氏は副代表として選挙対応にあたることとなった。興味深いのは、新聞各紙の緊急世論調査で「次の総理にふさわしいのは麻生氏と鳩山氏ならどっち」という質問に対して、どの調査でも鳩山氏が優勢だったことである。さらに、「民主党の代表として鳩山氏と岡田氏ならどっち」という質問には、岡田氏が優勢であった。この2つを考え合わせると、もしも民主党の代表が岡田氏になっていたら、ぶっちぎりで次の総理として支持されたことだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/19 16:53
民主党の代表にふさわしいのは・・・
昨日から民主党の鳩山氏と岡田氏のテレビの露出が多くなった。ふたり一緒にニュース番組などに出演して、互いの主張について取り上げてもらっている。先ほどは公開で討論を行っていた。政権をとる、という目標を掲げる両氏であり、実際に政権が交代した場合には首相になる可能性の高い両氏であるから、公にアピールすることを相当意識しているようだ。堅物と言われることの多い岡田氏もときおり笑顔を見せながら討論していた。聞けば、ネクタイもテレビ映りの良いものがよいと蓮舫に言われて借りたこともあるらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/15 17:09
民主党はこれからどうなる?
「ついに」とか「いよいよ」とか「やっと」など、いろいろな声の聞かれた小沢氏の辞任である。「ベストのタイミングで辞めた」との賞賛の声がある一方で「遅きに失した」という批判もある、いかにも策士らしい微妙な辞め方である。本心はおそらく辞めることなく総選挙を戦いたかったのであろうが、その悔しさを出さずににこやかにふるまっているところなど、ますます底深さが見えてくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/13 09:59
新型インフルエンザとグローバリズム
4月25日に新型(豚)インフルエンザの発生が発表されてから1週間が過ぎた。その間に、感染の広がりの度合いを表すフェーズは3から4、そして5へと進み、「WHOの1つの地域に属する2か国以上で、そのインフルエンザウイルスによってコミュニティレベルの感染が継続している」状態となっている。2日のロイターによれば、発症は16カ国、707人になった。おりしも、日本はゴールデンウィーク(GW)に重なったが、大きな混乱もなく過ぎている。マスクや消毒用のアルコールなどの買いだめに走る、という光景も今のところはない... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/03 12:32
つよぽん、起訴猶予に
そうなるだろうな、いや、そうならなきゃおかしいと思っていたが、やはり、起訴猶予になった。弁護士が会見で「衣服がきちんとたたまれていたので、自宅に帰ったと思い込んだのかもしれません。が、想像の域を超えません」という主旨の発言をされていたが、自分も同じ推測をしていた。サザエさんでも、波平さんが酔っ払って、自宅を交番と間違えて取り調べに答える、というような漫画があったと記憶する。新聞に、「草なぎくんが逮捕されるなら、世のおじさん連中は全員逮捕されなければならない」、というコメントがでたり、「逮捕よりも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/01 16:45
続・寝不足(睡眠不足)の影響
先日、寝不足について書いたが、今日もまだ寝不足は続いている。寝不足のせいなのかなんなのか、先日買い物に出た折、顔がこわばっていることに気が付いた。普段から、おつりをもらう際に、レジのお姉さん(おばさんのことも多いが)に軽く笑顔を向けることにしているのだが、なぜかうまく笑い顔がでず、自分でもほほが引きつっていることを自覚した。お姉さん(おばさんのことも多いが)に変に思われなかったかと、ちょっと不安になるほどだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/24 14:24
続・だんどり力・・・整理・整頓・清掃・清潔・しつけ・作法
だんどり力の続き。日本電産の永守社長は買収した企業に対して、「6S」を徹底させている。6Sとは、「整理・整頓・清掃・清潔・しつけ・作法」である。買収の対象は、技術力があるが赤字経営だった企業が多かったのだが、永守社長の信念は、6Sをきちんと徹底することで、社内の規律と個人の自覚が促進されて、赤字体質から脱却できる、というものだ。この6Sについて、端的にまとめたものが掲載されていたのでここに引用する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/23 00:20
新年度、心機一転、デザイン一新
新年度がスタートして既に半月。新入生も新入社員もようやく新しい環境に慣れた頃か。ということで(ちょっと無理がある展開だけれど)、自分も心機一転を試みて、ブログのデザインを一新した。昨年2008年は、正直ブログに飽きたこともあり、2ヶ月に一度位の更新ペースだったのだが、今年はまた少し本腰を入れてみようと思っている。内容も、も少し広く浅く軽く、を目指そうと思う。そのためには、まずは、この硬い口調をなんとかする必要があるかもしれないが。ま、それはおいおい。毎回の編集方針によって変えていく、ということに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/14 11:02
オバマ、クリントン。麻生、小沢
オバマ、クリントン。アメリカ民主党で大統領選を戦い、今は大統領と国務長官という上司と部下の関係にある2人。大統領選では互いに攻撃し合いそこまで言うかということもあったけれども、同じ戦いを争った同士という絆で結ばれているように見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/12 12:22
自覚、責任、覚悟
アメリカのオバマ新大統領の演説は、アメリカがこれまで推進してきた利益至上主義、市場原理主義などの行き過ぎた資本主義を刷新し、新しい価値観を提示するものだったと思う。Greed、Hatredと言った個人を主張する価値観から、Faith、Humblenessという自省・自戒をする価値観への転換であり回帰である。もともと、古き良きアメリカには、そうしたGentlemanship、あるいはStatesmanshipといった価値観があった。それらを、建国した白人ではなく、長く虐げられた歴史を背負う黒人の代... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/24 05:16
久しぶりの更新
昨年秋の金融恐慌に合わせるかのように、ブログの更新をすっかりお休みしてしまった。実際、この間に、あれよあれよと言う間に株価場暴落し、円高となり、おかげでなけなしの金融資産はすっかり目減りしてしまった。塩漬けにしておく以外打つ手がない。買い増して希釈しようかとも思ったけれど、まだまだ先行きは見えない中で今以上に投資するのはリスクが高いような気がして二の足を踏んでいる。なにしろ、博士課程後期の身、アルバイト程度の収入しかないのだ。いつ無収入になるとも知れない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/20 23:14
風が吹けば桶屋が儲かる
汚染米の全国的な流通、メラミン混入ミルクと、食品の安全性がますます危うくなっている。昨年の赤福や白い恋人などの消費期限偽装や毒入りギョウザの事件などは、その企業だけの問題であったため、消費者はその企業の製品だけを買わなければ良かったので防ぎようがあった。しかし今回は、原材料の偽装をした企業からいろいろな所へ流通しているために、ひょっとすると身近な製品にも問題があるのかも知れず、防ぎようがないところが怖い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/06 23:58
温故知新:ドラッカーの警告「企業の目的は利益の極大化ではない」
以下の抜粋はやや長いけれども、ドラッカーの「チェンジリーダーの条件」(2000年)からのものである。が、驚くなかれ、これは、もともと、1973年に出版された「マネジメント」(日本語抄訳は1975年に発売)からの再録である。35年を経た今読んでも、その主張はぼやけることなく、むしろ危機感をもって迫ってくるものがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/03 00:02
「流れを読む」ことができるかどうか
指導教官の最新刊は「Managing Flow」というのだが、中山元国交相の一件を見ていて、「流れを読む」ことができるかどうかがカギだなと思う。ここで言う「流れ」というのは、「万物流転」あるいは「風が吹けば桶屋が儲かる」のように、すべての出来事が関係性の動きの中にあるという認識を表す言葉である。これは、中山元国交相の問題だけじゃなく、サブプライムローン問題の世界的波及やら、リーマン・ブラザーズやメリル・リンチの経営破綻やら、日本なら汚染米の問題やら、中国のメラミン牛乳の問題やら、まさにドミノ倒し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/29 02:29
突然すぎる?小泉元首相の政界引退
小泉氏は最後まで変人だった。突然の小泉元首相の政界引退のニュースを見て思った。変人とご本人が言っていたわけだが、常識にとらわれない、というか、サプライズ好きというか、自分を一番面白おかしく、印象強く見せることに長けている人だと思う。小泉元首相は、「引き際が大事だ」と言っているようだが、受ける印象は、昨日の王監督の退任とはまったく異なる。小泉元首相の場合はあくまでも自身のため、一方の王監督は周りのためを最優先にしている印象だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/26 03:12
麻生新内閣誕生と王監督の退任
いよいよ麻生新内閣が誕生した。総裁選は出来レースで見ているうちにだんだん飽きてきた感があり、一国の首相を決めるはずのイベントでありながら、見ている側としては緊張感を保てなかった。早速お友達内閣とか揶揄されているようだが、そもそも、総裁選がお仲間同士の茶番であったかのようで、浮遊層の一人としては白ける他ない。「キャラが立つ」と自他ともに認める麻生氏だけあって、通例を破って自らが閣僚名簿を発表するパフォーマンスであったが、午後6時代の報道ニュース系の番組でさんざん取り上げられた後だったので、「自己チ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/25 03:14
美徳か偽善か
美徳の経営では、情熱やコミットメント、そして善への志向がとても重要である。美徳の経営とは「共通善を念頭に社会共同体の知を活かす経営」のことで、実践や物語、伝統から学び、自分の信念や哲学を創り上げていくことが求められる。そのためには、漫然と日々を過ごしていてはダメで、自分で物事を関係付けて意図的に認識したり、あるいは関係性の中に生かされていると言う自覚を持ったりして、主体的に学び実践していかなければならない。その主体性を駆動するのが情熱とコミットメントなのである。さらに、闇雲に実践してはダメで、自... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/05/25 02:16
ベルリンの食卓
独、処分前食料活かしたボランティア(2008年3月11日09:45 TBS)http://news.tbs.co.jp/20080311/newseye/tbs_newseye3800761.html 社会の格差が拡大しているドイツでは、処分される直前の食料品を活かしたボランティアが広がりを見せています。(中略)もったいないという気持ちと、社会の格差を少しでも和らげようとする行動が合体した草の根の取り組み「ベルリンの食卓」。高福祉国家ドイツを支えている市民の姿がここにあります。 TBSの報道... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/12 23:10
「混ぜる」行為に懐疑心を
今朝の朝日新聞朝刊35面にこのタイトルの記事が掲載されていた。著者は青山学院大学教授の福岡伸一教授(分子生物学)である。『生物と無生物のあいだ』の著者と言えば分かりやすいだろう。私なりに理解した限りだが、「混ぜる」ことによって二つの状況が生じる。一つは、以前は「混ぜる」ことは希釈化であり無毒化することであったが、それは毒が静的だと前提する場合であって、現在の毒は複雑で動的な毒が進入しつつあり、混ぜることによって毒が大増殖して全体を損なう結果を生んでいる。もう一つは、いったん混ぜてしまうと、混合物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/08 15:04
哲学とは魂の世話をすること
先日、今道友信・東大名誉教授のお話を伺う機会があった。独自の哲学観を持って研究をされている方で、1922年(大正11年)生まれの御年86歳の御仁である。朗々とした声で気迫のこもったお話ぶりであった。内容はエコ・エティカ。先日のセンゲ教授の話にも通じるところがあった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/15 16:30
川の流れは絶えずして
高校生の古文の時間に習った。川の流れは絶えずして諸行無常の響きあり。これは、日本人の基本的な考え方の一つだと思う。つまり、固定的な「モノ」ではなく、流動的な「コト」でとらえる。ギリシャのヘラクレイトスが言った「万物流転」と同じである。驕れるものは久しからず。風が吹けば桶屋が儲かる。因果応報。巡り巡って自らに戻ってくる。誰も見ていないと思っても、お天道様と自分が知っている。だから悪いことは出来ない。そう、教わったような気がする。誰もがそのように考えて行動できれば、も少し良い世の中になるのじゃないだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/07 16:29
DBAの一ヶ月
10月2日に始まったDBA生活もはや1ヶ月になろうとしている。今から思えば1、2週間目は楽だった。それがあれよあれよと言う間にプロジェクトに参加することになったり、ケーススタディの執筆のための調査をすることになったり、MBAの生徒たちから相談をもちかけられたり、となんだか忙しくなってきた。その上に、授業準備のために学生と同じく資料を読まなくてはならないし、先生と話をして興味がわいた本を何冊か買ったり借りたりしたので、読み物が溜まってきた。時間を効率よく使わないと、マズイ状態になり始めている。でも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/27 23:20
DBAの一週間
DBAの一週間が終わった。訳の分からないうちに、いろいろなことが進んで行っている。頭が着いていかない。以前の自分なら難なく覚えられたことやこなせたことも、なにもかもが、「よっこいしょ」と掛け声をかけないと進まない。そんな感じなのだ。なるほど、家に引きこもっていると呆けたり鬱になったりしやすいといわれるのは脳のある部分を使わなくなるからだろうと、とても納得した。ブログで自分の中にあるものを文章にしたり、TVや本を見て自発的に覚えたりするのは、自分の中で完結しているから簡単なのだが、人から伝えられた... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/10/07 17:08
...と言いつつ物忘れがひどい今日この頃
「心機一転」頑張るぞ!と勢い込んでは見たものの、どこかタガが緩んだのか、最近物忘れがひどい。物覚えも悪い。説明書きを読むのが面倒くさい。先日も役所である漢字を思い出せずに恥をかいてしまった。さらには、役所の書類で住所欄を指定通りに書かなかったのだが、まいっか、で済ませてしまった。幾らなんでもヒドイ。年のせいにはしたくない。ところが、DSライトの「脳を鍛えるトレーニング」で脳年齢をチェックすると、20才台と評価されて、脳の働きが特に悪いわけではないようだ。いったいぜんたいどういうことなのだ? ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/09/29 16:43
乱れず、譲らず
「乱れず、譲らず」 第88回夏の高校野球の決勝2戦を総括した新聞記事にあった言葉だ。決勝戦も再試合も、早稲田実業、駒大苫小牧の両チームとも文字通り、乱れず、譲らずだった。守備においても攻撃でも、妥協や慣れなど微塵もなく、持てる力の全てを出すぞという気合と気迫が伝わってくる試合だった。ごまかしや照れ笑いなど一切ない。一挙手一投足から、ストレートに張り詰めた気持ちが伝わってくる。おそらく、そういう選手やチームの雰囲気がスタンドにも伝わっていたと思うし、テレビで観戦していた人たちにも伝わっていたと思う... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/23 16:58
東京大停電の日
東京大停電・・・、なんだか明日の敗戦の日を前にして、東京大空襲を思い起こさせるネーミングである。朝7時半に発生し復旧には3時間ほどかかったと聞く。またしても、大都市東京の弱点をさらけ出す結果となった。対応に追われた東京電力の会見は、お盆休みのせいか暑さのせいか、どこか間延びした感じを受けた。問題のクレーン船は送電線があることを知らなかったと言っている。これも間抜けな話だ。どれほどの経済的なインパクトがあったのか定かではないが、重大な事故につながらなかったのは不幸中の幸いであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/08/14 22:40
座右のゲーテ
「生まれが同時代、仕事が同業、といった身近な人から学ぶ必要はない。何世紀も不変の価値、不変の名声を保ってきた作品を持つかこの偉大な人物にこそ学ぶことだ。こんなことをいわなくても、現にすぐれた天分に恵まれた人なら、心の中でその必要を感じるだろうし、逆に偉大な先人と交わりたいという欲求こそ、高度な素質のある証拠なのだ。モリエールに学ぶのもいい。シェークスピアに学ぶのもいい。けれども、何よりもまず、古代ギリシャ人に、一にも二にもギリシャ人に学ぶべきだよ。」 これは「座右のゲーテ」(斉藤孝著)からの抜... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/31 15:56
当面の課題は「フロネシス」の探求
先日、一橋大学大学院国際企業戦略科の博士課程の結果発表があり、無事に進学を認められた。まだ勉強するの〜?という声がここかしこから聞えてくるのだが、実は勉強がほとんど趣味なので仕方がない。経営学と心理学と哲学の3位一体を目指し、昇華を繰返して、新たな境地に至りたい、というのをライフワークにしたいと考えている以上、学問して実践して思考するしか方法がない。ま、家庭と仕事と趣味の3位一体も図る必要があるので、無理はしないでおこうと思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/22 15:45
子殺しのなぞ
ついに秋田の男児殺害事件は、我が子を殺していたとして母親が再逮捕された。子どもを親や大人が殺す事件が続いているようで、ほんとうに薄ら寒い。うちには満7ヶ月の子どもがいるのだが、その寝顔や笑い顔、かわいらしい仕草をみていると、なんで殺してしまうのだろうととても不思議に思う。守りたいと思いこそすれ、殺そうなどどはとてもとても思えない。むしろ、誤って頭から落としたらどうしよう、とか、目を離した隙に窒息したらどうしよう、とか、想像をして怖くなることは良くあるのだが。「疎ましくなった」と言ったそうだが、確... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/18 13:55
本当は怖い家庭の医学:認知症−ピック病
本当は怖い家庭の医学ホームページ(2006年6月20日放送)より抜粋 「ピック病」とは認知症のひとつ。詳しい原因は明らかではないものの、脳細胞が傷つき、脳が萎縮。正常な行動が出来なくなってしまう病です。現在、日本におけるピック病の推定患者数はおよそ3万人。とりわけ40代から50代の働き盛りの男性を襲うことが多い病気です。この病の最も恐ろしいところは、他の認知症と違って、周囲の人間が病の存在に気づくことが極めて難しいこと。代表的な認知症であるアルツハイマー病の場合、記憶をつかさどる、脳の中心部分... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/06/21 13:09
シンドラーエレベータ
シンドラーエレベータ社はスイスに本社を置き、全世界に約40,000人余りの従業員を抱える1874年創業のグローバル企業である。2004年から2005年には純利益で21%もの成長率を記録している(同社HPより)。2002年から2003年には業績が低迷したようだが、2004年以降順調に回復しているようだ。(同社HPより) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/13 23:16
NEET(ニート)対策の是非
日テレの太田総理(太田光の私が総理になったら・・・秘書田中)は最近のお気に入りだ。マジメにピントが外れたようなマニュフェストを掲げ、挙句に「そして日本は平和になった!」という決めゼリフが可笑しい。テレビの画面で見る限り、太田光氏は、ピントが外れているように見せて、実は、ものすごーく真剣に考えている気がする。真剣なときは目が違うし、なにより、汗だくになって主張している。時に共感できないこともあるけれど、おおむね、意見として面白く共感して見ている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/11 12:51
年を取るほど素直に謝る難しさ
「ゴーン家の家訓」を読んだ。16番目の家訓に、「間違いに気づいたら、きちんと謝罪する」というのがある。親であっても人間だから誰しも誤解や間違いはあるもの。親だからと言って子供に謝らないのは間違っている。むしろ親だからこそ、子供に素直に謝る習慣を覚えさせるためにも、過ちを素直に認めてきちんと誤る必要がある。そういう内容に読んだ。とても共感したが、一方で、とても難しいことだと感じた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/08 10:46
脳年齢を測ってみたら・・・。
ようやくDSLite(ネイビーブルー)を入手したので、やはりの脳力活性化ゲームをやってみた。脳年齢を測ってみたら、年相応との結果がでた。一安心と言いたいところだが、これからまだまだ勉強を続けようというのであるから、この結果に甘んじている訳にはいかない。ゲームの言うことを聞いて、毎日トレーニングに励まねばと思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/29 22:46
「姉歯の嘘つきー!」
どうもそういうことらしい。「12月14日に衆院国土交通委員会で行われた姉歯秀次・元一級建築士への証人喚問。この場で姉歯氏は、木村建設の元支店長に鉄筋量を減らすように言われ、1998年頃から耐震強度の偽装に手を染めた、と証言した(日経ビジネス記事より)」というのが当初の話だったのだが、最近のニュースによれば、木村建設に言われる以前から強度偽装を行っていた疑いが強まった、という。姉歯氏に同情的だったマスコミだが、今後は「姉歯たたき」を始めるかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/23 13:33
フロネシスのリーダーシップ
恩師野中郁次郎先生が講演をされるというので、去る2006年4月24日に六本木ヒルズで社会人向けに開催されている「アカデミーヒルズ」というお勉強塾の開校式の記念講演を聴いてきた。大勢の聴衆を魅了するヨーダぶりは相変わらずだった。概要は以下の通り。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/15 23:32
憲法記念日に
季節はめぐり、今日は憲法記念日である。去年のブログでも憲法問題をとり上げているが、はたして、論議は進んだのだろうか?とかく議論の多い第9条に関連して現状を見てみると、自衛隊は未だにサマーワに駐留中だし、中国・韓国との関係はむしろ悪化し、六カ国協議は進まず、拉致被害者は未だ帰らない。むしろ昨2005年夏の「小泉劇場」の勢いをテコにして、靖国問題、竹島問題では強行姿勢を崩さず、一方で、普天間基地の移転問題では莫大な費用負担をすることになった。相変わらずのマッチョな外交、脱亜入米ぶりだ。最近では、教育... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/03 14:37
第二、第三の姉歯元建築士を生むな
3者追及「外堀」から 複合的解明めざす 耐震偽装事件 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/18 14:02
民主党党首交代と4点セットの行方
ついに前原代表が辞任となった。が、最後まで引き際の美学を発揮することはなかった。辞め時というものがあるのに逸してしまったと、異口同音に新聞雑誌ネットなどで論じられている。まったく同感だ。3月6日のブログで引き際の美学を期待していたのだが、結局それから約1ヶ月経っての辞任となった。引き際を見誤ったがために、民主党にとっては、キズがどんどん大きくなり悪化してしまったように思う。自民党にとっては民主党がオウンゴールを決めてくれたようなものだ。いわゆる「棚からぼた餅」状態だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/04/03 22:49
パワーバランスの変化で
パワーバランスがちょっとでも変化すると流れが変わる。最近つくづく感じたことだ。飛ぶ鳥を落とす勢いだったものごとが、ある瞬間を境にして、急激に落ちぶれうらぶれていく。ホリエモン然り、ヒューザー然り。民主党前原代表然り、ブッシュ現大統領然り。小泉さんもいずれそうなるのだろうか?パワーバランスの変化は優先順位の変化によってもたらされる。何が重要か。何が緊急か。何が求められているか。それまでの弱者が強者となり、強者が弱者となる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/19 12:54
民主党前原代表に「引き際の美学」を期待する
民主が新聞広告でも謝罪へ 武部氏二男の要請受け  民主党は6日午前、「送金指示」メール問題で自民党の武部勤幹事長の二男が求めていた新聞の謝罪広告掲載に応じる方針を決め、二男側に回答した。  平野博文総合調整局長は「先方(二男)の代理人に対し『応じる方向で協議に入りたい』と回答した。今後、党内手続きを粛々と進めるとともに、具体的な事項の協議が開始される」とのコメントを文書で発表した。  二男は3日、民主党と永田寿康衆院議員に対して、メール問題に絡み「事実無根の発言で名誉が著しく棄損された」と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/06 13:35
坊っちゃん By 夏目漱石
 ここへ来たとき第一番に氷水を奢ったのは山嵐だ。そんな表裏のある奴から、氷水でも奢ってもらっちゃ、おれの顔にかかわる。おれはたった一杯しか飲まなかったから一銭五厘しか払わしちゃない。しかし一銭だろうが五厘だろうが、詐欺師の恩になっては、死ぬまで心持ちがよくない。(中略)たとい氷水だろうが、甘茶だろうが、他人から恵を受けて、だまっているのは向こうを一と角の人間と見立てて、その人間に対する厚意の所作だ。割り前をだせばそれだけの事で済む所を、心のうちでありがたいと恩に着るのは銭金で変える返礼じゃない。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/01 11:11
国政調査権の発動とセットで
前原氏は「さまざまな情報から資金提供がなされたのではないかとの確証を得ている」と強調。国政調査権の発動を前提に、具体的な金融機関名と口座番号を公表すると主張した。  これに対し、首相は国政調査権の発動について「国家権力の行使は極めて注意深く慎重にしなければならない」と消極的な考えを示した。 (共同通信) - 2月22日18時9分更新 前原氏 確証は出すと言っている。国政調査権とセットに、それをしっかりとやってもらえるかどうかということを大前提として出したいと言っている。国民から見て権力は政... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/23 01:09
SOSを受け止める難しさ
5才の園児ふたりを同級生の母親が殺害するという悲惨な事件が起きた。捜査によっていろいろな事が明らかになってきたが、やはり、容疑者の心理状態に強い関心が寄せられている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/21 09:01
民主党の勇み足か、自民党の陰謀か
武部幹事長の次男に対してホリエモンからコンサルタント料が支払われたのかどうか。ホリエモンのメールとされる文書が民主党から公開されたが、真偽は定かではない。自民党はあくまでも民主党の勇み足であると根拠レスのまま主張しているし、民主党は本物であると主張するのみでこちらも根拠レスだ。ホリエモン本人は事実無根と弁護人に言ったということだが、これも信じられない。結局、真実は明らかにならないまま、自公民の駆け引きで落ち着くところに落ち着くのだろう。なんだかむなしい、非生産的なやり取りにしか見えない。金銭のや... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2006/02/18 12:32
Beforeホリエモン・Afterホリエモン
2005年は、Beforeホリエモン・Afterホリエモンの境の年として、後世の評価を受けることになるのかもしれない。2005年以前の日本社会には、まだまだあからさまな拝金主義に対する卑下や恥の感覚が残っていたが、ホリエモンの表舞台への登場ののち、お金儲けは悪ではなくなりむしろ声高に金銭への信奉を叫ぶことがかっこいいとさえ認識されるようになった。小学生がホリエモンの影響を受けて株式投資を行っていたが、今回のホリエモン・ライブドア事件で堀江貴文容疑者に「幻滅した」と言っているのが、その証拠である。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/06 19:04
突然ホリエモン以外は全員善人になった
最近のマスコミ報道でのコメンテーターの発言を聞いたり、新聞の論評などを読んだりすると、突然、ホリエモン以外は全員が善人になったかのようである。ホリエモンの金銭至上主義の倫理観に苦言を呈し、ホリエモンの轍を踏まないように、起業家や投資家に襟を正すことを求めている。強制捜査以前はさんざんホリエモンを持ち上げていたくせに、まさに、はしごを外すかのごとくの所業だ。ま、マスコミというのはもともと移ろい易いものだから、しょーがないと思えるが、コメントや論評を寄せるいわゆる知識人たちの、突然の善人ぶりには虫唾... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/27 09:57
成功の方程式が失敗の始まり
今朝の日経新聞に出ている通り、ホリエモンの今回の一件は、アメリカで2000年に起きたエンロンやワールドコムの不祥事と同じ類である。興味深いことに、従業員たちは、社長や幹部の言うこと(命令である必要はない)に心酔し、悪いことだと分かっていても異議を唱えることなく、当たり前のように業務として行っていた。通常の社会的、常識的な感覚があれば行わないはずのことでも、いったん企業の中に入ってしまうと行ってはいけないという感覚が麻痺してしまう、というのは心理学的に実証されている。今回のように不正が明らかになっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/01/24 16:09
少子化対策としての男性性強化育成
少子化対策として、もう一つ案を思いついた。それは、男性性の強化育成だ。ダイオキシンなどの環境ホルモンや、男性用化粧品に含まれる物質が男性の精子の数を減らす原因ではないかとの疑いがある、と言われている。また、多くの男性が嗜む酒・タバコ、あるいはストレスなどの影響も疑われている。そして、最近の「ちょいワル」風の服装や「メトロセクシュアル」な服装で体を締め付けることや、運動不足や体力の低下による体のゆがみなども原因の一つとしてあげられている。現代社会は男性性を滅ぼそうとしているかのようだ。「女性化する... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/23 10:37
少子化対策としての夫婦別姓
昨日のブログでお金をつけるだけの少子化対策に疑問を呈したのだが、新たな少子化対策として夫婦別姓の実現を提案したい。世の中の女性の中には、夫はいらないけれど子どもは欲しいという人もいる。また、社会で地位を築いている女性の中には、夫の姓を名乗ることや、籍に入ることに抵抗がある人もいる。現在の法律の仕組み、社会の価値観は結婚・出産する女性に対して不利な条件になっている。もちろん、ひとり親に対する施策があり支援を受けられるのだが、現実にはこれがかえって差別を助長している感も否めない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/21 18:43
小学生に株式投資を教えるのは
ホリエモンショックで、世間の株式投資に対する見方が少しは改まっただろうか。「金持ち父さん」あたりから、投資で儲けることがスマートなやり方で、あくせくサラリーマンや公務員で働くのは貧乏父さんのすること、というような風潮がしだいに浸透していったように思えるが、今回の事件は、そういう金銭第一主義的な価値観に対して水を浴びせる出来事になっただろうか。株主はどうあるべきか、会社は誰の物か、よーく考えて、マネーゲームの恐さ、危うさを考えるきっかけになるだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/20 22:01
ホリエモン、昨日までの英雄も今日からは悪役
世間の目は厳しいというのか、移ろい易いというのか。ホリエモンも、ホンの数日前まではヒーロー扱いだったのが、強制捜査を境に、一転して悪役スターとなってしまった。経団連の奥田会長は「時期尚早だった」と言うし、自民党のお歴々も口々に「遺憾だ」と言う。そもそも、ホリエモンがホリエモンであるゆえんは、「金がすべて。法律に定められていないなら何をやっても良い。とにかく儲けること、成長することが第一目標。」という経営・人生哲学にある。それを、分かってたのに見ぬふりをしたから「裏切られた、騙された」と思うわけで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/19 23:20
ヒューザーの小島社長の作戦勝ちか?
昨日の証人喚問は茶番だった。ヒューザーの小島社長サイドの作戦勝ちだ。第一に牛歩作戦。あのゆっくりとした動き、言いよどむようなしゃべり方。時間稼ぎとしか思えない。第二に28回もの証言拒否と39回もの補佐人との相談。質問者をじらし、時間を稼ぐやり口だ。「相談の時間は質問の時間に含めません」と宣告されたのは想定外だったろうが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/18 12:56
設計図、竣工図通りの施工がされないのは業界の慣行?
設計図や竣工図通りの施工がされないのは業界の慣行なのだろうか。「建設段階で施工業者が作成する「施工図」や、完成後の現況確認などをもとに、実態に近い耐震強度を再計算したところ(読売新聞記事より抜粋)」設計段階よりも更に強度の低い建築物になっていたことが判明したそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/10 12:05
ご近所の底力:ネイバーウォッチ
NHKの番組で「ご近所の底力」というのがあるが、最近世間を騒がせている強度偽造マンションの問題にしても、小一少女の殺人事件にしても、お隣近所同士の心配りや助け合いが、問題の早期解決や今後の防止策に一役買うのではないかと思っている。改めて言うまでもなく、地方の都会化が進んだせいで、都会でも地方でもお隣近所との付き合いが薄れてきた。それが、その地域の弱点や盲点となって事件が起きたり、一方で、助け合う心遣いが失われたりしていると思うからだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/06 11:51
官と民の責任分担−耐震強度偽造問題と国土交通省
今朝12月4日のフジテレビ系列の報道2001を途中まで見た。国土交通省の北側大臣が出演し、初めは建築士と弁護士、後から今回の被害者の方々と、討論や意見交換をしていたのだが、そこでなるほどと思った点が2点ほどある。ひとつは、竹村健一氏が指摘した点で、官から民への流れのなかでは性善説だけを信じることはかえって被害者を増やすと言う視点も必要だということ。もうひとつは、北側大臣の指摘した点で、官から民への流れの中でも官は管理をしっかりする必要があるが民・民の中で責任の所在を明確にし補償や保険などが行われ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/12/04 10:00
木造住宅でも強度偽造?
やっぱり。強度偽造はマンションだけの問題じゃない。木造住宅でも、姉歯建築士の関与が発覚していた。幸いにして、この物件には問題は無かったそうだが、そう言われても、世間でこれだけ話題になっていれば、住民の方はさぞかし不安なことだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/03 14:51
耐震強度偽造問題を乗り切るためにすべきこと
耐震強度偽造問題、なかなか問題解決に向かわない。どころか、某政治団体との関係が取りざたされたり、更に問題物件が明るみに出たりと、問題は拡大して行っている。被害者の方々には申し訳ないけれども、正直に言って、もっともっと問題が大きく明らかになって行くことを期待している。なぜなら、本件は、建築業界が抱える問題のほんの一部に過ぎないと思うからだ。これをきっかけにして、業界の腐った部分や膿みを出し切ることこそが、本当の抜本的、根本的な問題解決につながると思うからだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/29 11:51
耐震強度偽造問題は、イーホムズというより国土交通省
耐震強度偽造問題のニュース・解説等で出てくる「瑕疵担保責任」は、住宅の品質確保の促進等に関する法律に定められている。このリンク先に、「指定住宅性能評価機関」が108つあるとの記載があり、なんと話題のイーホムズは、指定住宅性能評価機関のひとつであることが分かり、愕然としているところだ。リストの80番目に記載がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/11/26 10:31
耐震強度偽造問題が裁判になったら
耐震強度偽造問題が世間を大いに騒がせているが、本質的な重要な点に踏み込んだニュースや論評などが余り無いのが大いに不満である。そのひとつは、今後この問題を裁判で争うことになったらどうなるかと言う点。もうひとつは、建設業界の慣行がどうなっているのかという点だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/11/23 12:54
ドラッカーと公共善
今朝の日経新聞に、わが恩師野中郁次郎教授の、ドラッカー教授への追悼文が掲載されている。野中教授によれば、ドラッカー教授は「公共善」が常に念頭にあったということだが、これは、英語で言うと、単にGoodと言う意味ではあるまい。公共の「益」と言う意味合いも含まれるだろう。ただそれが、Public Welfare(福祉)なのか、Interest(権益)なのか、Benefit(利益)なのか、あるいはこれら全てをひっくるめた概念なのか?ちょうど、同じ日経の1面に以下の記事が掲載されていたので、考えてしまった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/18 11:10
80年代洋楽コンピレーション(前編)
ロック・スピリット ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/15 11:38
ドラッカー教授死去のニュースに際して
「経営学の父」と称された、P.F.ドラッカー教授が11月11日に亡くなられた。95歳だったそうだ。2003年まではクレアモント大学大学院で、MBAのコースで教鞭をとられていたと聞いている。2004年秋に同大学院に交換留学で行ったICSの同級生が、ドラッカー教授と仲良く写真に納まっていたのも記憶している。突然のことだったのかどうなのか、詳細は分からないが、大往生だったのだろうか。とにもかくにも、安らかに休まれんことを祈るばかりだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/11/12 22:03
分を知る
徒然草に「力衰えて分を知らざれば病を受く」という文章がある。ここで言う「分(ぶん)」とは、広辞苑によれば「分け与えられた性質・地位。身の程。力量。」の意味だ。「分相応」と言うときの「分」もこの意味で使われている。最近のM&Aの動きを見ていて思うのが、この「分を知る」という日本的感覚は現代には通用しないのかということだ。「分を知る」というよりも、むしろ「分」を超えて、自分には限界は無いとさえ信じて、突き進んでいるように見えるからだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/12 11:15
教養クイズ番組の増加と、ブログ人口増加の相関
今朝の日経新聞を読んでいて、ふと思ったのだが、最近の教養クイズ番組の増加は、ブログ人口の増加にも何か関連があるのじゃないだろうか。「風が吹けば桶屋が儲かる」と言う通り、何事も思わぬ結果が生じる因果関係にあるわけで、関連付けようと思えばどうとでもなるのだろうが。逆に言えば、因果関係があれば良いなと思う次第である。なぜなら、ブログでの発言は匿名性に守られているがゆえに、ブログを書く人の知識と知性にゆだねられているわけで、ブログに書かれていることが、一般常識なのかそれともブログを書いた人の思い込みなの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/11 10:45
「小さい政府」をきちんと定義して!
先の9.11衆議院選挙からの疑問なのだが、「小さい政府」ってイッタイどういう定義なんだろう?Googleしても、それこそゴマンとBlogだのニュース記事だの評論だの出てくるばかりで、肝心の定義をきちんと説明してくれるところが見つからない。市場原理主義とか新古典学派経済学とか言われても、じゃあ小泉さん、竹中さんが目指す「小さい政府」は具体的にどういうことなのかということは、いまいち分からない。ニュースや新聞など普段何気なく目に出来るもので理解できないのは、国民に対する説明不足なのではないかと思うが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/11/04 16:50
憲法改正自民党案
戦後60年、先日の「愛国心」への注目は、やはり憲法改正論につながっている。マスコミが世論を上手く誘導しているのか、政治がマスコミを上手く活用しているのか、なんとなく憲法改正について考えなければ、という風潮が世の中に広がってきている。今年の憲法記念日にはNHKが特集を組んでいたのを思い出すと、誰が裏で操っているのか知らないが、なかなか用意周到だなと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2005/10/30 11:22
いまどきの「愛国心」
昨晩、TBS「ニュース23」で「日本人の愛国心(3)ネットの世界に広がる"愛国心"」という特集を見た。20才代の世代の人たちが60年前の戦争の意味、意義、歴史、位置づけ等々をものすごく研究していて、その結果として、現在の日本国に対して「もっと強くあって欲しい」と希望している。そのことを歌にしたり、ブログにしたりして、自ら発信して共感者を集めている。日本という国に対する期待がそこにはあるし、自らが動かしていこうという意志もある。見ていて、この2点はスゴイと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/10/27 12:31
天下市、一橋祭、国立市民祭り
同じ一橋大学のMBAコースでも、国際企業戦略研究科とは何かと対立していると言われる商学研究科のある国立キャンパス周辺では、11月3日(木)から6日(日)まで天下市、一橋祭、国立市民祭りと、文字通りお祭り騒ぎが続く。国立駅南の大学通り、左右に広がる富士見通り、旭通りはかなりの賑わいになるはずだ。今年は見物に出かけようと思う。MBAの2年間はそんなことを考える間もなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/10/25 23:20
ホワイトバンド、イエローバンド
今朝の毎日新聞記事にホワイトバンドについてのニュースがあった。 世界的な貧困根絶キャンペーンに合わせて国内で300万個販売された腕輪「ホワイトバンド」に対し、購入者から批判が出ている。「売り上げの一部は貧困をなくすための活動資金となる」との触れ込みだったが、食料などを送るわけではなく、細かな使途も決まっていないため。事務局は「ホワイトバンドは『貧困をなくす政策をみんなで選択する』意思表示が狙い。分かりにくかったかもしれない」と説明し、店頭で、募金活動ではないことを強調する表示を始めた。 以前... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/24 12:04
フォアグラはフランスの文化遺産
今日のお昼頃のニュースで、「世界有数の料理王国を誇るフランスの国民議会(下院)がこのほど、フォアグラが仏文化の「遺産」であるとした法案を全会一致で可決した」との記事が読売新聞から出ているのを見た。同記事によれば、「フォアグラ法案に対しては、仏女優ブリジット・バルドーさんが主宰する動物愛護団体などが、強制的に大量のエサを与えてカモやガチョウの肝臓を肥大させる方法は「動物への拷問である」と改めて批判した」ということだ。強制的に肥満させることが動物愛護の精神に反し、非人道的ということなのだろう(相手は... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2005/10/20 18:43
「ご苦労様」と「お疲れ様」の違い
先日のブログにも書いた日本語教養番組でぜひ取り上げて欲しいことがある。それは、「ご苦労様」と「お疲れ様」の違い。社会で生きるうちに、「ご苦労様」は目上から目下へ、「お疲れ様」は対等な関係あるいは目下から目上へ、というシチュエーションで使うものなんとなく漠然と思っているのだが、これが正しい使い方なのだろうか?また、家族にねぎらいの言葉を掛けるときにはどういう言葉が適当なのだろう? ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/10/17 08:09
企業文化に染まり過ぎると
企業文化に染まり過ぎた定年間近な人が身近にいるのだが、退職したらどうなるのだろうと傍から見ても心配だ。家庭の人間関係においても基本は「報・連・相」で、これが的確に適時に行われないと不機嫌になる。家事や家族との行事でも自分なりの計画案が既にあり、家族への相談もなく実行してしまう。どうしても家族の同意が必要な場合には、計画案についての命令、及び、計画実行に関わる都合についての質問しかしない。家族の誰かが計画案に対して異論や意見を挟もうものなら、大変だ。たちまち自分自身への批判と捉え、怒りが爆発する。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/16 23:37
○○力の氾濫
Googleで、"*力" -"の力"と入力すると、○○力という熟語が全て検索できる。日本語サイトのみで13,500,000件のヒット数がある(もちろん、重複する単語も多いのだが)。最近なんだか○○力という言葉が氾濫しているように感じていたので、この件数でむしろ納得したくらいだ。最近流行りの「能力」開発系のサイトが上位にランクされていて、入試を控えてか「英語力、単語力、語彙力、語学力」なども上位に出てくる。次に、「人間力、意志力、免疫力」など心身関連のサイト、そして「マネージメント力、営業力」など... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/10/15 11:11
トラックバック機能の悪用
ちょっと前にトラックバック機能を悪用されてエッチ系サイトへのリンクを張られてしまったことが何回かあったので、今はトラックバック機能を使っていないのだが、そろそろ復活させて様子を見てみようかと思っている。こんなマイナーなブログにそんなリンクを張ったって効果が無いだろうに、妙にマメなエッチ系?と疑問に思ったのだが、ひょっとしてトラックバックは余程簡単にリンクが張れるのか?トラックバックをいまいち使いこなせていないので、良く分からない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/14 22:37
日本人の拠り所
昨晩(10月11日)9:00pm〜TBSで放送された「爆笑問題の!ニッポン民俗学〜霊魂と死についてマジメに語ろうスペシャル」は秋の特番の中でも異色の内容で、かつ、へぇ〜と思うところの多い内容だったと思う。日本人はアメリカの大学の統計調査結果によると他の国々よりもダントツに神様を信じない国民。はっきりした数字は忘れたが、アメリカでは95%程度、イランなどでは100%近くが神の存在を信じているのに対し、日本人は35%程度の人しか神の存在を信じていない。同時に、神が存在するかどうか分からないと答えた人... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/10/12 17:07
日本語クイズ番組の増加に思う
このところ、秋の特番で新番組の紹介も兼ねて、日本語クイズ番組が幾つか放映されている。正しい日本語の表現や漢字、意味などをクイズ形式で芸能人の回答者が答える、という内容だ。こういうゲームは古くはNHKの連想ゲームと同じ流れと思うのだが、民放のバラエティ番組として制作されているのが興味深い。こういう教養番組っぽい内容はNHKの専売特許と思っていたら、その常識をすっかり覆してくれた。それにしても、何故今日本語をクイズに?番組制作者に何か意図があるのだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/11 18:22
トヨタはなぜゆえにトヨタなのか
トヨタはなぜゆえにトヨタなのか。トヨタをトヨタたらしめている要素は一体なんなのだろう。富士重工株をGMから引き取ることにした、という記事を読んでふと思った。GMは富士重工とカルチャーが違うので相乗効果が期待できないとして株式を手放す、と説明しているが、たとえこれが表向きの説明だとしても、おそらくカルチャーが違っているのは事実だろう。カルチャーが合わないからと株式を手放すGMに対し、トヨタは富士重工の技術力を評価しているようだ。トヨタと富士重工だってカルチャーが違うと思うのだが、異質な物がトヨタに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/06 14:45
恐怖の存在
先日のブログに、アメリカへの大型ハリケーンの襲来は地球温暖化が一因なのじゃないかと書いたのだが、そういう意見を一撃の元に払拭する本がある。ジュラシックパークの著者として有名な、マイクル・クライトン氏の最新作「恐怖の存在」だ。 恐怖の存在 (上) 恐怖の存在 (下) もっとも、同氏は決して地球温暖化傾向を真っ向から否定しているのではなく、あくまでも、未だ科学的に実証されていない、推論の域を出ていない、という意見のようだ。むしろ、主張したいのは、正当な反論さえも許されそうに無いマスコミ、学会、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/01 15:46
イルカ部隊とハリケーン
今朝の日経新聞の春秋コラムでも取り上げていたが、イルカ部隊とは恐れ入った。毒矢を背負っていて不審者を撃退するよう訓練されているとか。軍事機密だからか、アメリカのマスコミでこのニュースを伝えているところは、私の見る限り無いようだ。水族館のイルカが救出されたとか発見されたという記事はあるのだが。真偽の程は分からないが、本当だったら、またしても、アメリカの身勝手さとマスコミによる情報操作を象徴する事件だと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/28 13:00
信じる
小泉さんを見ていて、あの信念はどこから来るのかと不思議に思う。そして、その信念が継続する原動力はどこから湧いて来るのかと不思議に思う。本人の中に迷いはあるのかもしれないが、それを表に出さない断固たる態度は、どういう思想に支えられているのかと不思議に思う。人間的な迷いやあいまいさを見せないがために、冷徹にも見えるのだが、その冷徹さを良しとする潔さは何に由来するのか不思議に思う。信じる力をどこから得て、そして、継続させているのだろう?強い信念があるように見えるところが、小泉さんが人を魅了する一因のよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/27 10:53
ゆで蛙は生き残れるか
先日、世界で最も受けたい授業とかいう番組で、Aha体験という実験が紹介されていた。1つは、順番に画面に映し出される2枚の写真を見比べて、1箇所だけ違っているところを当てるというもの。もう1つは、写真の有る部分が徐々に変わっていくのだがそれを当てるというもの。文字で書くと、なんだそんなの簡単だろう、と思うのだが、これが意外に気がつかないのだ。2枚の写真の違いを当てる実験では、並べてあったり、続けて映し出されれば、直ぐに違いに気がつくのだが、2枚の写真の間にグレーの画面が一瞬入ることで、分かりにくい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/26 11:00
社会的弱者への心配り
このところ長く歩けないので、車椅子を押してもらって街に繰り出すことが多いのだが、車椅子に乗ると突然自分が社会的弱者になり、その観点で見る社会は非常に興味深い。健常者の視点では気がつかない、社会的弱者への心配りの無さが見て取れるし、意外なところでとても親切にしてもらったりする。面白いと言っては不謹慎なのだが、世間や世相を反映しているように思えて、興味深く観察している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/25 17:20
少子化対策の前に、考えるべきこと
野田聖子議員は自民党から離党するそうだが、見ていて、なんだかやりきれない。党本部は大勝したことで、1議席ぐらいどうでも良いとでも思ったのか。選挙の前に処分するならともかく、選挙後のこういう処分はなんともみみっちく、野田聖子議員の悔しさ、哀しみ、やるせなさは、いかがばかりだろう。野田聖子議員の例を出して恐縮だが、それにしても日本は、働く女性にはいろいろと負担のかかる社会だなと思う。彼女が流産してしまったのも無縁ではないと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/17 11:27
分かってたでしょ、消費税増だって
いやはや、小泉さんは自分の言ったことは必ずやるというひとだということは分かってたはず。自分の任期中には消費税増は無いって言い切っているっていうことは、当然、裏返せば、小泉さんが総理を辞めたあとは、自分の責任じゃないし知ーらない、どうなろうがそれは後継者のすること、という意味だってことは明白。今さら、それは無いよー、なんて騒いでいるひと、そんなことも分からずに自民党に投票したの?報道番組の中でも、こういう見方を解説している人がちゃんといたはず。それを今さら騒ぐなんて、それこそ民度が低いと言われるの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/14 16:35
歴史的大勝の恐さ
第44回衆議院選挙は自民党の歴史的大勝ということで落着した。なぜ自民党が大勝したのか、民主党が無残な惨敗をしたのか、テレビ各局、各番組ではいろいろと原因探しをしている。小泉さんと岡田さんのリーダーシップを比較したり、大衆アピール度を比較したり、主義主張の一貫性を比較したり、といろいろな観点から検証されている。原因探しと同じくらい注目されているのが、自民党の大勝の結果、どういう国会運営になるか、という点だ。自民党だけで衆議院の定数480の過半数、自公合わせると2/3を超える、というのはとてつもなく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/13 15:09
保険の宣伝、なぜ多い?
最近、午前中にテレビをつけていることが多いのだが、保険のコマーシャルが非常に多いことに驚く。それも、同じ保険会社が、手を変え品を変え、いろいろなターゲット層を狙って宣伝しているのだ。数えたことは無いが、1社で広告のパターンは10バージョンぐらいはあるのじゃないか?というところもある。制作費と広告料でコストがものすごいと思うのだが、そういう保険に限って、割安感を前面に打ち出している。これだけ広告されると、かえって、この会社の保険は安全なのだろうかと、天邪鬼にも思ってしまうのだが、実際経営状態はどう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/09 11:04
小泉さんは尊官民卑は古いって言うけれど。
自民党の比例区の政見放送を見ていたら、「尊官民卑」という言葉が出てきた。官はエライ、民はダメ、だから官が偉いことを独占して行うのだ、という考え方らしい。具体的には、従来、国営で行われてきた公共事業一般を指していると思われる。小泉さんの言わんとするところは、こういう考え方は古い、これからは小さな政府、ということ。テレビ討論・インタビューや遊説などでもたびたび発言しているように、「民間でもできることは、どんどん民間に任せる。そうすれば、民間企業は言われなくても国民のためのサービスを考えて実現してくれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/06 11:47
体験から学ぶ
Learning by Doing(体験から学ぶ)というのは一橋ICSの特徴でもあるのだが、人生何事も体験から学ぶことこそが最も理解を深めるのに役立つものだと、最近ひょんなことからひどく実感した。そういう文脈で言えば、「怖いもの知らず」というのは、体験、経験の無さによってのみ成り立つことなのかもしれない。刺客として送り込まれた人たちのほとんどが、まさにこの「怖いもの知らず」の状態にあるのじゃないかと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/05 13:29
「変わる」ということ
世間は、九月十一日の衆議院選挙の話題で持ち切りだ。各党代表の討論会での発言、街頭演説や政見放送などをテレビで見ていると、「変革、改革」を掲げている人が目立ち、中には「古い日本の体制をぶっ壊す」などと言う人もいる。要は、今も昔も「変わらなきゃ」ということ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/03 19:53
ペットが飼い主に似るが如く?
またしても、JR西日本の話、ただし、今度は乗客の話なのだが、まずはタイトルについてちょっと解説。ペットは飼い主に似るというのは巷ではよく言われることだが、似たようなことが、企業と顧客の関係にも当てはまるという話だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/11 21:47
なぜ、他人事のように?
JR西日本の事故のニュースは連休中も連日続き、有り得ない実態が明らかになっている。今回の事故の原因は複合要因だろうと事故直後に推測して(→4月26日ブログ)、大企業病が見え隠れするということを述べたのだが、JR西日本は想像したよりももっとひどい有り様だった。だが、おそらく、従業員はく自分は自分の職務を全うしていたと思っている人が多いのでは?と推測している。発表や話を聞く限り、少なくとも命令や規則に準じて行動していたのは間違いなさそうだからだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/05/06 11:41
明日は憲法記念日
半島を出よ (上) この本を読むと、やはり現実は理論に先行するのかと思ってしまう。詳細な描写が続く部分がやや冗長だったり、時間感覚が取りにくかったりするのだが、着眼点と調査力、表現力には感服だ。惜しむらくは、結末が拍子抜けするほどあっけないことだ。もう少し毒のある終わり方を、これだけの事件の結末としては望みたい。日本のあり方をもっとえぐることが出来たのではないか?改憲論議や靖国問題、反日感情の高まりなど、もう少しえぐって欲しかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/05/02 23:53
「それいけレスキュー」−心の傷
「それいけレスキュー」なんて、「あの大惨事があったのにふざけたタイトルだ!」とお怒りにならないで欲しい。これは実は構成的エンカウンターグループの体験講座で行ったグループワークの名称である。どんなものかというと、グループを2班に分け、ひとつは遭難する班、もうひとつは救助する班となって救出劇を行うものだ。2班がそれぞれ遭難と救助の両方を行ってワンセットである。講師の話によれば、「それいけレスキュー」は小学校でもやるような平易なもので、自分が遭難したらどんな気持ちになるか、救助する人はどういう気持ちに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/27 18:52
大惨事と大企業病
昨日も今朝も電車事故の大惨事のニュースで明け暮れた。原因はまだ特定されていないようだが、複合的な要因ではないかという大学教授の見方が真実に近いような気がする。運転士も車掌も、車両や線路の整備士の誰もが少しづつ手抜きをしていたかもしれない。スピードがいつもより速くて、さらに、風がいつもより強く吹いていたかもしれない。ちょっとした狂いが、石を巻き込んだのかもしれない。いろいろなことが原因となって今回の大惨事を招いたように思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/04/26 12:44
距離感
距離感を取るのは時として難しいものだ。指導教官と話をするたびに思う。とても謙虚でシャイな方なので、近すぎず遠すぎずの間合いが大切なのだが、なかなか上手く行かない。今日、書き上げた修論を持参して校閲をお願いしに行ったのだが、やっぱり、ある種の後悔というか諦めの気持ちを抱いて帰ってきた。途中までは良かったのだが、早口でまくし立てるように説明したのがいけなかったのか、それとも、私の話が要領を得ないのがいけなかったのか、といろいろと原因を考えてしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/14 22:23
本音と建前の使い分けが上手なのは誰?
ようやく1本目の修論ドラフトを書き上げた。ケース形式で書こうとしたが、結局、通常の記述式にした。そのため、単なる事実の羅列ではなく、3人の社長に焦点を当ててそれぞれの違いをいろいろな観点から分析できたので、以外にすんなりと仮説も考えもまとまり、最後の提言もなんとなく形になったと思う。その中で思ったのが、本音と建前の使い分けが上手なのは誰か?ということだ。社長だから、当然、本音と建前を使い分けているはずなのだが、やはり得手・不得手もあるし、シチュエーションで使い分けているはず。そんな観点で、広報文... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/13 11:21
世論操作、情報操作
この本を読んで、再び某国の傲慢さと、日本のあり方を考えさせられた。 亡国のイージス 上 講談社文庫 ふ 59-2 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/09 01:56
48億の妄想
筒井康孝氏の長編処女作である「48億の妄想」は1976年12月25日に第1刷がでているのだが、おおよそ30年後のいま読んでもほとんど違和感がなく、むしろ現代の病理の一端を予言しているかのような錯覚さえ起こさせる。2005年現在、世界の人口は約65億ぐらいだから、1976年当時の1.35倍にもなっていて、あるいはこの本で書かれている想像の社会が加速しているとも言えるかもしれない。 そうだ、彼女が言いたかったのは、この、あらゆる行動をドラマチックに仕立てあげなければ気がすまない、現代の人間の考え方... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/01 16:49
真実はただひとつ!
「たった一つの真実を見抜く」と言っているのは名探偵コナンだが、最近、コナンの言う通り、真実とはひとつなのじゃないかと思っている。知識創造のSECIプロセスが、経営の場だけでなく、カウンセリングの場でも、地域コミュニティでも、その他のさまざまな場で見えるような気がするのだ。でも、同じゼミの同級生にこのことを言ったらば、「SECIはこの世の中を支配するための原理原則なんだよ」と冗談めかして軽くあしらわれてしまった。ただ、言われてみれば、SECIの原則をなす人と場とコミュニケーションが、この世を支配し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/30 23:44
花粉症対策
ようやく風邪が治り、花粉症と風邪の合併症から、単純な花粉症に格下げ(?)した。この間、いろいろな方面から対処法など教えて頂いたので、少しご紹介したい。花粉症の薬を飲むとなんだか内臓に負担が掛かるような感じがするので「今年は体質改善をしたい」と言ったらば、「これが効く!」というものを勧めてもらったのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/28 16:13
花粉症と風邪の合併症
花粉症はもう長年のお付き合いなのだが、多分初めて風邪との合併症を引き起こした。くしゃみ鼻水鼻づまりが余りにもひどく、特にくしゃみをすると気管支の辺りが重たく感じられたり軽いセキもあったので、耳鼻咽喉科に行ったところ「風邪を合併していますね」との診断。ところが花粉症の薬は出たけれど、風邪の薬が出なかった。これが問題だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/23 12:16
説明義務
いろいろなところで、説明義務ということが言われる。たとえば、インフォームド・コンセント。1990年代から言われるようになった医療現場で使われる言葉だが、医師が患者に対して、受ける治療内容の方法や意味、効果、危険性、その後の予想や治療にかかる費用などについて、十分にかつ、分かりやすく説明をし、そのうえで治療の同意を得ることを言う。他にも、不動産の売買や、保険や金融商品の売買など、素人が容易に分かることが出来ないような場合や、特に注意を促す必要がある場合などに、説明義務が法律の条文に規定されているよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/03/16 00:45
新手のフィッシング?あるいは新手のマーケティング?
トラックバックが入ったので見てみたら、どういうわけか、[投資信託]フィデリティ証券「フィデリティ・チャイナ・フォーカス・オープン」というブログだった。現在実施中のキャンペーンのお知らせが掲載されていた。ただそれだけだった。これは果たして新手のフィッシング、あるいは新手のマーケティング手法だろうか?(なお、このトラックバックは早々に削除させて頂いた、あしからず。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/10 21:54
マーケティングが文化を飲み込む
昨日の続きだが、映画やTV番組でスポンサー企業の商品をこれ見よがしに出演させる手法はアメリカはもちろんのこと、日本でも韓国でも、もう当たり前になっている。企業イメージを高めたり周知させたりするためだけではなく、企業自体が文化創造の一翼を担いたいという意志の表れでもあるらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/10 19:15
マーケティングが全体主義を増長する
◆BS世界のドキュメンタリー2005年3月9日午後10:10〜 「マーケティングがアメリカを動かす」 洗剤選びから大統領選挙まで、アメリカ国民のあらゆる選択のかげに企業・政党のマーケティング戦略の影響があるといわれる。これは、世論調査を駆使してそうした戦略を編み出すキーパーソンたちに迫った公共放送PBS「フロントライン」の一本である。大企業が列をなす元精神科医の広告コンサルタント、民主共和両党が重用する調査会社などを紹介したあと、番組は「いまや我々アメリカ人はマーケティングという眼鏡を通して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/09 23:45
笑いの効能、人の自然治癒力
今日テレビを見ていたら、笑うことで癌が治癒したという話を紹介していた。日本医科大学助教授(医療管理学)高柳和江さんの「笑いの処方箋」の紹介もされていた。ロビン・ウイリアムス主演のパッチ・アダムスという映画に出てくるクラウンドクターというのも笑いの効能を子供の医療の現場に生かす試みだ。「病気なんかに負けるもんか、病気に打ち勝つんだ」という気持ちを持って、無理でも良いから声高らかにガッハッハと笑うのが良く効くらしい。笑うと、免疫を高めるNK細胞の活性が高まるから、人の自然治癒力も高まるという仕組みだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2005/03/09 21:53
ビジネススクールのビジネスモデル
ふと、ビジネススクールのビジネスモデルに疑問を持った。プレジデントとか東洋経済とかForbs、Fortuneなどのビジネス誌では、MBAを開講している大学の教授陣がコラムを掲載しているし、丸ビルや六本木ヒルズなどではビジネススクールが就業後のビジネスマン向けにMBA的講座を開講したり、新聞社や出版社と共催で短期講座を開催したりしている。本屋に行けば(現実でも、Web上でも)有名ビジネススクールの著名な教授の書いた本で溢れている。MBAやビジネス書に多少でも触れておかないとビジネスマン失格、これか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/02 17:15
サイコドラマとPlayfulness
2泊3日の合宿でサイコドラマを体験してきた。2泊3日といっても、1日目は午後から始まり3日目は午前中で終わったので、実質は2日間の合宿である。サイコドラマってアブナイ系じゃないの?という先入観を持って望んだ合宿だったのだが、結果オーライとなった。期待レベルが高くなかった分、割と容易く満足したとも言えるのだが、アブナイ系ではないことも確認できた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/02/28 00:03
サイコドラマと上がり症
明日から2泊3日で合宿だ。サイコドラマを体験実習するためである。2003年から通っている某J大学の社会人向けカウンセラー養成講座の必須科目なのだ。サイコドラマ・心理劇とは、即興劇を行うことにより、演じる人の自発性や創造性を促進したり、心の葛藤に気付いたり、つまりは、自分自身を認識するための集団療法の手法の一つである、とGoogleと分かる。合宿ではサイコドラマの理論的な部分を学び、実際に体験してどういうものか体感し理解することになっているはずだ。理論的な部分はともかく、体験するということは、人前... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/23 12:34
アーカイブとSECIモデル
アーカイブという言葉は日本語に訳し難い。書庫が辞書的な訳だが、もともとは文書を保存する意味合いが強い言葉だ。例えば、NHKアーカイブスと言うと、NHKの過去の映像や資料を所蔵、保存し閲覧できる施設であり仕組みである。つまり、アーカイブというのは何時でも取り出して使えるように情報を貯めておく、というような意味であろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/22 00:34
貧すれば鈍す
貧すれば鈍す、というキーワードでGoogle検索すると、15,600件もヒットする。その多くが、体勢が貧して効率や利益に焦点が当たり始めると倫理観や正義感など社会的な信義則(信義誠実の原則)が失われるという文脈において使われている。つまり、世の中の腐敗や堕落を嘆く内容だ。例えば自らの保身を図ろうとして嘘を付いたり誤魔化したり、果ては人の足を引っ張ったり。誰も見ていないからこれくらい構わないだろう、なんて思ったことがあったら、かなりヤバイと自覚した方が良い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/02/18 22:42
秘すれば花なり
これは風姿花伝の有名な文だ。花伝第七 別紙口伝に「一、秘する花を知ること。『秘すれば花なり。秘せずは花なるべからず』となり。」とある。この「花」という言葉がさまざまな事柄を言い表すのが、この書物の味わい深さを出している。大辞林によれば、「観客の感動を呼び起こす芸の魅力、おもしろさ、珍しさ。また、それを追求・工夫し、感得する心の働き。」と説明されるのだが、心に対する目に見える働きかけと心自身の目に見えない働きを同時に表しているようだ。「花」という言葉そのものが現物の「花」の意味から派生して幾つもの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/02/13 11:20
信頼と創造的な関係
2000〜2004年のIT業界のビジネストレンドにについて調べていたら、「2005年のビジネストレンド大予測」http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/rep02/350822と「見直し必須の外部委託 〜 崩れさる暗黙の信頼関係」http://itpro.nikkeibp.co.jp/members/NC/ITARTICLE/20041222/154196/という、記事が見つかった。先の記事はいわゆる10大予測的なもので、後の記事は日経コンピュータ2004... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/09 10:37

トップへ | みんなの「社会」ブログ

    follow me on Twitter
    Nothin' But Trouble 社会のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる