国立発コミュニティビジネス

東京都国立市の新年最初の市報に、国立市でコミュニティビジネスに関わっている4人の方々と市長との対談が掲載されている。

http://kunitter.com/20110105/featured-kunitachi-city-news/

国立市からは、ツイッターを使った「くにったー」という地域密着の情報が発信されていて、その製作者の方が対談に加わっている。国立市は一橋大学の本校があるところで、学園都市というイメージが強いのだが、一橋大学生によるまちづくりや、地産地消の動きなどあり、コミュニティビジネスも盛んになってきているらしい。

コミュニティで活動をされている人の共通点は、活動を楽しんでいる、ということだ。自分が楽しむのではなく、人が楽しいから自分も楽しくなる、という循環が起きている。そして、その楽しさがつながって拡がっていっている。ツイッターは、楽しさを(そして時に苦しさも)伝えるツールとして、かなり有効だろう。その場の雰囲気をその場でとらえてすぐに発信できるから、生き生きとした状況を伝えることができる。それも、同時に不特定多数に対して、疑似Face-To-Faceが広範囲でできる。

2011年、ますますすごいコトになっていくんだろう。楽しみである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年01月10日 21:18
クニッターの三澤です。クニッター及び市報のご紹介ありがとうございます。今年は国立市内で交流会も積極的に開催できたらと思いますのでその際お時間あればぜひご参加ください。

また毎月第3日曜日の午前10時から谷保のむっさ商店街にあるカフェここたの(主に一橋学生が運営しているカフェ)でコミュニティカフェについて語るトーキングカフェを菱沼さん(共に市報に載ってる方)と行ってますのでこちらもお時間あればお越しください。1月は16日に行います。16日のテーマは「地域コミュニティ」です。

今後ともクニッターをよろしくお願いします。
info@kunitter.com